新海誠さん「ほしのこえ」の動画フル無料視聴方法を紹介している記事です。この作品は、新海誠さんの最初のアニメーション作品です。オススメ出来るアニメ映画として2002年の新海誠作品「ほしのこえ」の内容もネタバレしないように下記で少し紹介します。


U-NEXTで見放題配信中!
>>映画配信サービス詳細

U-NEXTは他にも「言の葉の庭」、「秒速5センチメートル」、「雲のむこう、約束の場所」、「星を追う子ども」があります。「星を追う子ども」だけはポイントが324ポイント必要ですが、U-NEXTに登録後は600ポイント貰えます。新海誠さんの作品が殆ど見放題でみれて、ポイントが必要な映画作品も1本無料視聴できるというダブルメリットがあります(*´∀`*)

新海誠さんの「ほしのこえ」は、登場人物二人の距離がどんどん遠くなっていくことに心が切なくなること必至です。新海誠作品のファンが友人に居て、先日「君の名は。」を観てとても良かったよと言ったところ、他の作品も観たら?泣くよ!と言われました。そこでこの作品を観たところ、なんて切ない映画を作る人なんだろうと思いました。「君の名は。」を見て、これから新海誠さんの作品を観ていこうという方に、まず最初にこれを観るのがオススメです。

わたしは「ほしのこえ」を最初観た時は、単なる日常系だと思いました。電車の中で中学生の女の子がメールを打っていルシーンとか見慣れた風景が最初に多く描写されているので。そこからSFに持っていくのが新海作品流なのか、突然某ガンダムのようなロボットが出てきます。最初は(ええっ!?)と思いました。(そんな作品、某人形決戦兵器でも見たことないんですけど。。)と心の中で強く思う私。日常とSFの中間地点が最初にあり、世界はあっという間にSFに移動します。

たった十五歳の女の子が宇宙へ旅立つことになります。だんだん送信に時間が経つメール。宇宙からでもできるメールにびっくり驚かざるを得なません。孤独に打ちひしがれる主人公と彼氏。地球と宇宙とで離れて、恋愛は成立するのでしょうか。メールという重要なツールをもって、物語は進んでいきます。その主人公と彼氏のメールの読み上げの同調に頬を濡らさずにはいられません。

「私たちは宇宙と大地に引きさかれた恋人みたいだね」 という表現で涙が出ました。そこから強くなる彼氏。 泣いてしまうシーンが多い主人公。メールが届くのに八年という時間を費やして、最終的にはバグって二行しか届かなくなる。なんて歯がゆいんだ・ω・十五歳から歳を取らない主人公。逆に地球上でひたすら歳を取る彼氏。老いるまで歳を取らないところが、ある意味美しくもあります。彼氏は宇宙へと旅立つ決心をして、彼女と同じ道を選びます。

最終的にハッピーエンドともバッドエンドともつかない終わり方です。それでも希望的観測の見えるエンディングであるといえます。30分未満という短い映画でこれだけ涙を流せるということは、もっと長い作品として観たかったと思います。まあ、当時一人で制作していたので、24分でも相当な労力だったでしょうね。

「ほしのこえ」は短編アニメですが、引き込まれる作品であることには間違いありません。映画館で観たらもっとの画像のきれいさに感動して引き込まれていただろうなと観終わって思いました。まだ「ほしのこえ」を観たことがない人は是非、レンタルショップとか、U-NEXTでみてみることをおすすめします。いま、「君の名は。」効果で新海誠さんの作品のレンタル数が普段の3倍になっているようです。レンタル店には、今もしかしたら無いかもしれませんがU-NEXTならすぐにでもみれますし、スマホでも大丈夫です。