FF15の映画動画をフルで無料視聴できるところは現在確認ができませんが、安く観れる動画配信サービスはあります。といっても、1900円かかるんですけどね。まあ、そこはスクエニということで仕方がないかと。むしろ、スクエニ商法としては安い価格帯!この価格でこのクオリティーの映像を見せてくれるのならまあいいのではないでしょうか。映画館だと交通費も加算されるしね(*´∀`*)


ff15映画高画質を1900円で2日間レンタル
満を持して500円レンタル開始!最初のポイント特典で無料視聴可能に!
>>U-NEXT
無料トライアル31日!

FF15の映画動画はU-NEXTで高画質版が配信中!そして、最初の登録時に600ポイントがもらえるので、これを使えば600円分安くなります。他のところと比べても、高画質版で1900円になるところはありません。画質低くてもできるだけ安く観たいという方はPSplusのSD画質版があります。が、これも9月19日以降は2000円です。なので、最安値はU-NEXTということになります。

FF15の映画動画【キングスグレイブ】は、ゲーム本編で登場する一部重要キャラクターの過去の様子を見ることも出来るので、よりゲームの世界に浸りやすく作られています。本作の主人公、ニックスは残念ながらゲーム本編には出そうにはありませんが、リベルトはもしかすると登場するかもしれませんね。

映画を観た感想は、FF15をプレイする方は、これを視聴するのは義務だと思います(゚∀゚)。洋画のパニック映画のノリと、ロードオブザリングっぽいファンタジックな設定が合わさっていて、独特の映像になっています。そして、主人公ニックスがメッチャかっこいい!綾野剛さんグッジョブ!ですた(*´∀`*)ただ、ところどころ残念なところがあります。いくつか書いていきますね。

まず、一番不自然だったのが、ゲーム本編のヒロインであるルナフレーナ・ノックス・フルーレの外見。ゲームのイベントシーンの方がよっぽど美人ですし、「王の剣」の一人であるクロウのほうが美人です。まあ、美人美人ウルサイとおもいますが、ホントに言わざるを得ないくらいルーナの顔がおかしかったです。また、FF15映画版のルーナは目が離れすぎてるし、カエル顔で目線も変でした。

もうひとつルーナに関して。FF15のゲームトレーラーで見るような神聖な雰囲気が映画版の彼女にはない。映画のポスターを見たときも別人の認識だったので、キャラクター説明をみてびっくりしました。映画本編では超アクティブなジャジャや馬娘でした。これまでのシリーズにはないタイプのヒロインですね。田畑Dの発言にもありましたが、とても強い意志のある女性であることは映画でもよくわかりました。

あと、わかりにくかったのが主人公ニックスがたまに聴く幻聴。これは彼の過去のトラウマがそうさせているのですが、映画冒頭でテネブラエが侵略されるシーンで、ルーナの兄であるレイヴスが発する発言とにている為に、このテネブラエの侵略にニックスが関わっていたの??と誤解してしまう演出になっていると思います。実際は、ニックスの故郷に帝国が侵略してきた際に助けられなかった妹の声なんですよね。ここがチョットわかりにくかったです。

あとは。。。世界観の説明不足かな。まずはグラウカ将軍。映画本編の終盤で彼に関するサプライズがあるのですが、あれをするならもう少しグラウカ将軍の生い立ちについて説明が欲しかったです。なぜ彼は王の力もなくあんな超人的な能力があるのか、この映画からFF15の世界に入る方にはよくわからないと思います。そして、本編で何回も登場するクリーチャーたち。ベヒーモスやら死骸という超大きなクリーチャ-が帝国の支配下の元、主人公やルシス王国に襲いかかります。あの存在は事前に設定知っておかないと、何者なのかがよくわからないですね。

↑映画からFF15の世界に触れたわたしからの不満というか、批評でした。まあ、でも面白かったですよ本当に。帝国の皇帝がすごく気に入りました。イドラ・エルダーキャプトの造形、だれか明確なモデルがいますよねー。ハリウッド映画で観たような気もするし、スターウォーズのターキン司令官にも似てるような。。そういえば、「王の剣」にジョン・トラボルタがいたような。。。洋画好きのわたしにとっては嬉しいキャラクターも登場していましたし、観ておいてヨカッタです。これからFF15をプレイする予定ですしね。田端ディレクターも、プレイする人は必ず見ておいて欲しいというようなことをおっしゃられていたので、ゲーム本編で映画で関連したキャラや設定が活かされているのでしょうね。早くプレイしたいです(*´∀`*)