脳内ポイズンベリーの映画動画フル無料視聴情報を掲載するページです。なんとなくインサイドヘッドを思い出してしまうこの映画のシチュエーション。果たしてこの映画はどのようなものなのか、感想も踏まえて記載しています。


U-NEXTで配信中>>映画配信サービス詳細
新規登録で無料視聴&無料トライアル31日


U-NEXTの新規登録利用時にもらえる600ポイントを利用すれば、脳内ポイズンベリーを無料視聴することが可能です。無料視聴後は他の見放題の動画も沢山楽しむことが出来ます。トライアル期間31日間は月額料金は発生しませんが、以降は月額1990円発生します。継続しない場合は31日以内に解約することを忘れないようにしましょう。

脳内ポイズンベリー 映画 感想


どんなハチャメチャコメディなんだろうと、なんの予備知識もなく題名につられて借りた『脳内ポイズンベリー』。感動作と銘打たれた映画でも基本泣かない私がなぜか号泣してしまった。簡単に内容を言ってしまえば、アラサーの主人公いちこが年下イケメン早乙女に恋をし、振り回される、その間いちこの脳内ではあらゆる感情を持った脳内メンバー達が会議が巻き起こすというもの。

コメディ要素はこの脳内メンバー達の必死な掛け合いであって、日常を生きるいちこにはただ単に感情移入してしまった。とはいっても、いちこのセリフや行動は脳内メンバー達によって決断され、引き起こされているわけだけども。 いちこが早乙女に言った「あなたのことが好き、でもあなたと一緒にいる自分が嫌い」というセリフ。もうこれに本当納得してしまった。

相手のことが好きだから、喧嘩なんかしたくないから、自分の本心を隠し相手に合わせてしまう。いつの間にか自分が自分じゃなくなる。一緒にいても心が落ち着くことは少ないのに、やっぱり相手の好きな部分が残っていて別れられない。私さえ我慢すればきっとうまくいく、そんな絶望的な希望だけを頼りに付き合い続け、結局婚約破談となった自分の過去の辛い経験と重なって、ここで号泣。本当にあの日々は苦しかったなあ。自分大嫌いだったな。大切なのは誰と一緒にいる自分を好きかってこと。再認識できた映画でした。