最新作『ジグソウ:ソウ・レガシー』が公開間近。ここでは歴代のソウシリーズの作品紹介、動画配信情報を記載しています。



sawの動画配信先


2017年10月時点の情報です。huluのみでした。

>>Hulu配信中(見放題)

月額無料トライアル14日。huluは中の動画すべて見放題となります。

※配信作品は2~ザファイナル(6作目)の字幕版のみになります。

ソウ(SAW)作品紹介


ソウシリーズはわけもわからいうちに数人が密室に身動きが制限された状態におかれたところから始まるなんとも不思議なストーリーです。観始めて最初の方はわけがかわらず見ていましたが、だんだんと密室でつながれた状態に置かれている人たちが精神的に追い詰められていき、縛られた状態から脱するために様々な手段を試していき、最終的にこの選択をしたのか!という結末があったりと怖くなってくる作品です。精神的に追い詰められる怖さを感じてしまいますが、また人間の極限状態での行動が観たくなる不思議な作品です。

ソウ(SAW)の歴史


ソウといえば、やはり1。ソウ一作目についての感想です。まず凄い犯人だなと言うのが真っ先に浮かんでくる感想です。何たって視聴者までも欺いてるんですからね。まさか最後の最後であんな事になるとは、初めて視聴した時は暫くポカンと開いた口が塞がりませんでした。今まで数々の映画を見た私でもあのラストは全く想定出来ませんでした。ジグソウの情け容赦無い所業の数々、やっぱり人間が一番怖いんだなと感じさせてくれた映画でもありました。ただグロいだけじゃない、視聴者の意表もついたホラー映画の名作だと思います。

2作目からは作品の見せ方が違うので(主に心理戦?)、1はとても記憶に残ります。途中からなぜあんなに作風が変わったのかわかりませんが、これだけシリーズ化し、また新しいのも出るのですから、1以降も大変面白く人気があるのです。

映画「ソウ(SAW)ザ・ファイナル 3D」については、ジグソウ/ジョン・クレイマーを演じるトビン・ベル、マーク・ホフマンを演じるコスタス・マンディロア、ボビー・デイゲンを演じるショーン・パトリック・フラナリー、ジョイス、デイゲンを演じるジーナ・ホールデン、ケイルを演じるディーン・アームストロング、ニーナを演じるナオミ・スニッカスなどといった俳優の皆さんの演技がとても素晴らしくて良かったです。


総評


私はソウほど目が離せない映画はありませんでした。グロテスクな殺戮シーンも、ゲームの一つで気持ち悪いだけではなくどこか禍々しく惹きつけられました。しかも、あの出てくる人形の不気味さはなんとも表現できません。人の念が入っているように見えて、本当に気味が悪かったです。この映画は最後の最後まで予測不能で、最後ですらまさかといいか状態でエンディングを迎えました。映画中に何箇所も伏線はあるので、回数を重ねてみた方がより楽しめます。