ニューシネマパラダイス動画配信、吹き替え、字幕情報を掲載しているページです。


配信先:U-NEXT(字幕版のみ)
>>映画配信サービス詳細
新規登録で新作映画1本無料&無料お試し期間31日


キャスト


アルフレード・・・フィリップ・ノワレ

サルヴァトーレ・・・ジャック・ペラン
(サルヴァトーレ・少年時代)・・・サルヴァトーレ・カシオ
(サルヴァトーレ・青年時代)・・・マルコ・レオナルディ

エレナ・・・アニェーゼ・ナーノ
サルヴァトーレの母・・・プペラ・マッジオ
司祭・・・レオポルド・トリエステ
若き日のサルヴァトーレの母・・・アントネラ・アッティーリ
パラダイス座支配人・・・エンツォ・カナヴァレ
アンナおばさん・・・イサ・ダニエリ

ニューシネマパラダイス 作品紹介


ニューシネマパラダイスは、甘く切ない、そしてトトの笑顔と一生懸命さに、心を鷲掴みにされます。この映画は映画を愛してやまない人たちの映画です。

まだ映画が8ミリ映画だった時代の、職人気質の映写技師アルフレードと、その8ミリに魅せられてしまった小さな子供のトト、この2人の交流。この2人と同じくらい重要な登場人物が、小さな村で映画をこよなく愛し、心の底から楽しむ村人たちです。

この映画館が栄えた、賑わっていた時代に、トトは大好きな映写技師の仕事をして家族を養うのですが、その小さな肩にそんな重圧を背負って、とこちらの胸が痛む間もないくらい、トトはその大好きな仕事を夢中になって、こなします。彼にとっては、友達と遊ぶよりも映画を映していたいのです。そして、イタリアの小さな町の風景と、映画館の中で上映中に、村人がいっせいにたてる笑い声が、この映画の神髄、といった感じがします。後に知ったのですが、この映画館の観客たちは、ロケをしていた村の本当の村人たちだったそうです。

あの、映画館での観客の一体感のようなものは、だからだったんだ、と納得しました。その映画館が衰退していくにつれて、町が近代化されていき、昔から映画館前でうろついていた、ホームレスの男性が窮屈そうに生活しているようすなど、涙をさそうシーンもありますが、私が一番好きなシーンは最後ほうで、大人になったトトが、試写室でいろんな映画のキスシーンを張り合わせた8ミリを、涙を流しながら1人で見るシーンです。冒頭の、女性をとっかえひっかえしているところと対になっていて、きっとトトの恋愛観も変わるのだろうなと思わせます。風景もストーリーも、とにかく美しい映画だと思います。