あの頃君を追いかけた 映画 動画

▼最新配信先情報▼

あの頃君を追いかけた 映画 動画フル無料視聴

山田裕貴、齋藤飛鳥出演の映画『あの頃、君を追いかけた』の本編フル動画を無料視聴できる動画配信サービスを紹介。

加えて、台湾版の映画の動画情報も掲載。

日本版良いですよ。齋藤飛鳥さんがすごくかわいいです。

 

日本映画版の動画配信はいつ?

映画の動画配信のリリースは、DVD、ブルーレイの発売日に合わせることが多いので、

まずはDVDがどのくらいの時期に出るかを調べました。

キノフィルムズ配給の映画は、これまでのDVDリリース情報を見ると

上映から半年後の発売が多いので、

映画『あの頃、君を追いかけた』の動画配信は

2019年の3月~4月頃になる見込みです。

 

動画配信サイトのお試し期間を利用して、映画動画を無料で視聴しよう!

最新映画の視聴は、DVDやBDよりも

動画配信サービスの特典がお得。

借りに行かなくても、登録後にすぐその場で

スマホやタブレットからでも視聴できます。

さらに登録時に貰えるポイントで新作映画も無料視聴が可能

トライアル期間は30日以上もあるのでゆっくり無料視聴を楽しむことが出来ます。

 

動画サービス 日本映画版配信 台湾版配信
U-NEXT -
mieru-TV -
ビデオマーケット -
FODプレミアム -
TSUTAYA TV -
ビデオパス -
music.jp -

・お試し無料期間30日以上
・月額はお試し期間内に解約すれば無料

 

DVDを店舗で借りる場合、

借りてよかったと思えそうなものを

頑張って探さなくてはならず、

意外と時間と労力が必要です。

動画配信の場合それが無く、気軽に見始めることが出来て、

違うなと感じたら違う映画に切り替えられる点が

最大のメリットだと感じます。

しっかりカテゴリー別に分かれている所や

視聴履歴から「あなたへのおすすめ」などが表示されるのも良心的です。

 

『あの頃、君を追いかけた』ってこんな映画


だれでも共感できるような一見ありふれた学生生活の中のエピソードが満載。

なので、どんな人が見ても心に響くのではないかと思います。

若者らしく生きることに一生懸命で

突き抜けた物おじしない感じが微笑ましかったり、

やきもきさせられたりです。

この映画を見ると、いろんな場所が出てくるので

ロケ地なんかも訪れてみたくなること間違いなしです。

主演の山田裕貴君の坊主姿とか

松本穂香さんのネコミミをつけている姿がかわいくて好きです。

 

等身大の男の子目線で恋愛を体験!

超絶甘酸っぱい映画です!

男子より早く女子が女性になっていく様を、

男の子の等身大の目線で見られるかつてない映画!

そんなヒロインの女の子が超絶可愛いです。

アイドルがやるから微妙なんじゃないの?なんて思っていた私をグーで殴りたいです。

ピュアでそれでいて大人びた様にも見える姿は素晴らしいとしか言えません。

彼女のファンだったら絶対にみた方がいいです。

残念なのがリメイク版ならではが特になかったことです。

其処はもう少し頑張って欲しかったです。

 

乃木坂46の齋藤飛鳥さんがとても可愛い!

先にも書きましたが、とにかく齋藤飛鳥ちゃんがかわいい!

ファンにはたまらないと思います。

 

★★★★★

あの頃君を追いかけたを先日見に行ってきました。

まずヒロインである早瀬マナ役を演じた齋藤飛鳥ちゃんがものすごく可愛くて、

スクリーン越しでも可愛さが伝わってきました。

優等生で学校1のマドンナである早瀬マナに恋をする主人公の水島コウスケは、

学校ではかなりのおばかちゃんですが、

そんなコウスケにマナが勉強を教えることになり

二人の距離が一気に縮まって行く純愛ラブストーリーです。

また主題歌となっているThinging Dogsの『言えなかったこと』がたまらなくよかったです。

31歳女性(神奈川県)

 

★★★★★

なんといっても、驚異的小顔の超絶美少女として

乃木坂46の次世代エースとして活躍している

齋藤飛鳥さんが可愛くてしょうがない作品だと思います。

普段の様子から見るとお芝居は苦手そうな感じがしますが、

セリフなども少々固い感じながらも頑張って演技していて良いと思います。

「この世界の片隅」で大活躍していた

松本穂香さんの良い感じのサポートも好印象です。

落ちこぼれと優等生のよくありがちなストーリーですが、

浩介が羨ましくなり、感動的です。

26歳男性(愛知県)

 

★★★☆☆

物語としては若干無理矢理な恋愛映画?かなと思いました。

なぜに突然台湾が出てくる?とか。

原作を意識したからでしょうか。

主人公の謎の「家では裸族」設定も意味が分からなかった、必要かなこの設定・・・みたいな。

飛鳥ちゃんも単体はいいのだが、女優として見てしまうと「うーん棒読みだな」感は否めない。

原作のほうを少し見ていただけあって、アイドル売り出し映画のようにも感じてしまった。

32歳男性(東京都)

 

まとめ

・映画『あの頃、君を追いかけた』の動画配信は2019年3月以降の見込み
・台湾版映画は複数の動画配信サービスで配信中
・齋藤飛鳥さんのファンなら必見の映画

動画配信サービスの情報が新たに入り次第、更新してお知らせします。

(以下、ネタバレ含む感想)

『恋してくれて、ありがとう』。映画の中で一番印象に残っている台詞です。

ヒロインである早瀬真愛と主人公である水島浩介が会わなくなってから二年が経ち、久しぶりに連絡を取った時。

夜空に浮かぶ月を、二人離れた所で見上げながら真愛が口にした言葉です。

この時、真愛の傍らには後に結婚する恋人と思しき人がおり、2人の恋の終わりを感じさせました。

しかし、真愛と見知らぬ誰かの結婚式で浩介は、学生時代なら真愛に嗜められていたであろう幼稚な事をして彼女を驚かせます。

そして、『これからも幼稚だ』と彼女に言い放ったのです。

そもそも彼らが仲良くなったきっかけは、浩介の『幼稚さ』故。また、彼らが恋人になれなかったのも浩介の『幼稚さ』故です。

真愛は涙を流しながら笑顔を作り、『約束よ』と返した。

きっと、彼らの青春は、叶わないまま続いていくのだろう。そんな風に感じさせる、儚くも清々しい映画でした。

   ‘テーマ区分:’