キセキ 映画 動画フル

映画「キセキーあの日のソビトー」動画フル無料視聴情報!

メンバーが歯科医師で、公には顔出しを一切しない音楽グループ「GReeeeN」の事をもっと知りたい!という方は、この映画は外せません。劇場公開は2017年1月28日。

▼最新配信先情報▼

キセキ 映画 動画 フル 無料

「キセキーあの日のソビトー」のフル動画配信状況を、この項目に記載してお知らせしています。

動画配信状況

新作映画は動画配信サービスでいち早く配信されます。新作配信はポイントが必要ですが、新規登録特典でポイントが貰えるのでそれを利用して視聴できます。

また、月額無料のお試し期間が30日以上あり、この間に見放題の動画もたくさん見ることが可能。

継続なしの場合は、お試し期間内に解約することで料金はかかりません。

動画サービス 「キセキ」配信 無料特典
U-NEXT
mieru-TV
ビデオマーケット
FODプレミアム
TSUTAYA TV
ビデオパス

2018年12月時点の配信状況です。
最新情報は各公式ページにてご確認ください。

キセキーあの日のソビトー 作品情報

”明日。きょうよりも好きになれる~♪”でお馴染みのGReeeeNの「キセキ」の誕生秘話を描く青春映画です。

音楽に理解のない家族とぶつかりあいながら、夢を信じて諦めなかった二人の青年JINとHIDE。仲間と共に自らの道を見つけ出すキセキを描きます。サブタイトルの「ソビト」って、空人とか、素人の造語らしく、「自由に新しいことに挑戦していく人」を表す言葉だそうです。

この映画にピッタリのタイトルですね。

2017年1月28日(土)公開

製作国…日本
配給…東映
上映時間…111分

キセキーあの日のソビトー キャスト

JIN – 松坂桃李
HIDE – 菅田将暉
理香 – 忽那汐里
結衣 – 平祐奈
ナビ – 横浜流星

出演は『ツナグ』『日本で一番長い日』など出演の松坂桃季と、『共食い』『溺れるナイフ』の菅田将暉。

歯科医師と音楽アーティストを両立し、顔出し一切なしの異色ボーカルグループ「GReeeeN」。この映画で描かれるのは、名曲「キセキ」の誕生のバックボーンとなる兄弟の物語。家族との衝突を経ながら、仲間とともに自分のやりたいこと、進むべき道を見つけ出し、前へ進んでいく姿を描きます。

「キセキ」を含むGReeeeNの楽曲全てのプロデュースを手がけるJIN(ジン)と、GReeeeNのリーダーHIDE(ヒデ)。GReeeeNの中核をなすこの二人の青春期。ファンなら見逃す訳にはいきませんね!

映画「キセキーあの日のソビトー」動画視聴感想集

GReeeeNの自伝的な映画ではありますが、GReeeeNのファンでない人でも十分に楽しめる青春映画です。

映画の中では松坂桃李演じるJINと菅田将暉演じるHIDEの兄弟としての関係、プラス揺れ動く家族の関係の描写がとても多かったので、もう少しグリーンボイーズ側のエピソードがあれば良かったなと思いました。

ただ、ライブのシーンでは鳥肌が立ちました。グリーンボーイズはボーカルグループとしての完成度がとても高いと思います。

 

一言で言うと、青春。爽やかな映画です。GReeeeNの実話を元にしたストーリーですが、夢を諦めた人達や、楽しく希望が出てきたのに、現実との悩みに押しつぶされそうになったり、それぞれの悩みや嫉妬との葛藤が描かれています。

元々歯科になるという道を進みながら、歌に魅了され希望を見つけ、学生達が顔を出さずに世の中を魅了させた奇跡。

劇中にGReeeeNの音楽が使われていますが、上手でビックリしました。夢と現実の葛藤を感じることは世の中の人達にも少なくないはずです。

 

これは人気歌手GReeeeNが結成するまでの実話を元にした映画でした。

出だしから松坂桃李のライブシーンがあり、もうかっこよすぎて映画館で叫びたくなるほどでした。

どんどん話が進んでいくうちに内容にのめり込まれていくのがわかりました。凄く大変だったんだろうなというのがよく伝わってきました。

兄弟二人で築き上げたGReeeeN、音楽の才能がないと言われ挫折した兄と才能がありながらも歯科衛生士を目指す弟。お互いに羨まし合いながら喧嘩もしつつ、支え合いGReeeeNができました。その全てがギュッと詰まってる映画でした。涙もろい私は涙が止まりませんでした。

これは皆さんにオススメしたい映画です。

 

菅田将暉主演の松坂桃李や成田良などと一緒に出演している映画です。

これはグリーンと言う歌手の日を描いたストーリーになっています。

私はもともとこのグリーンと言う歌手のファンだったのでこの映画が公開する前からすごく楽しみにしていました。曲も映画の中に組み込まれていてすごくすごく面白かったです。

また、菅田将暉が普段歌わないにも関わらず、菅田将暉や他の人の歌声を聴くことができとても面白かったです。

音楽の良さを伝えてくれる映画だと言うふうに感じています。私はグリーンのファンと言う以外にも音楽をやっているのでこの映画を違う意味でも考えさせられ、楽しむことができました。

 

歌手のGREENを元にした映画で、キセキの曲で一気に有名になったGREENですが、キセキの曲ができるまでに、すごく苦労した様子や、学生時代から音楽活動をしていたのだということなど、さまざまなGREENのことが分かるドラマで、とても面白かったです。

菅田将暉さんの歌声や、みんながすごく本人のGREENの声に似ていてとても驚きました。

すごく売れたGREENも苦労したことが分って、感動しました。松坂桃李さん演じる兄役には、すごく、考えされられるところや、兄がいたからこそ、GREENが生まれたようなすごくキーパーソンな役で、とても感動した映画です。

 

映画の題名は実在の曲のタイトルで、GReeeeNの結成からデビューまでの話です。

歯科医師とは知っていましたが、マスコミの前に出ない覆面歌手ですからどのような人物か知らなかったので一端を見れて良かったです。

この映画により、どうして歯科医師と歌手の両方をしている意味もわかりました。

青春映画と言えばそれまでですが、本当に続けたい事、やれる事は懸命に情熱を持って行うことが色々な人に思いが伝わって良い影響を与えると、GReeeeNを例にして言っているように感じました。

 

夢に向かって突き進むという映画を観なくなった。

それは、社会人になり、現実を知ったからだろう。歌で生きていくことを夢見ている兄弟がいた。

夢を夢を叶えられるのは一握りの人間で、あとは妥協して生きている。

兄は弟のプロデューサーになることで夢を叶えた。そういう人生も良いのではないか。

大事なのは、今の仕事にやりがいを見つけることだ。昔なりたかった仕事に就けたわではないが、10年続けられていることに感謝したい。

 

▲最新配信先情報▲

   ‘テーマ区分:’