日日是好日 動画

▼最新配信先情報▼
 

茶道教室に通った約25年について記した森下典子のエッセイを映画化した人間ドラマ

「日日是好日」(にちにちこれこうじつ)。

映画の動画配信のスケジュールや、作品の内容・あらすじを紹介します。

 

日日是好日 映画 動画 フル無料視聴

映画「日日是好日」の動画配信のスケジュールが分かり次第追記してお知らせいたします。

動画配信サービスなら、新作映画も登録特典で無料視聴可能。

月額お試し期間内に解約すれば料金無料です。

最新の動画配信状況は以下の項目をご参考ください。

 

動画配信状況

動画サービス 配信 お試し期間
U-NEXT 31日
mieru-TV 初月
ビデオマーケット 初月
FODプレミアム 一か月
TSUTAYA TV 30日
ビデオパス 30日

新作映画の配信は、レンタル及びDVD/BDの発売日にリリースされます。

映画「日日是好日」の配給元である東京テアトルの邦画作品がDVDでリリースされるのは、

上映から半年後が殆どであるため、

2018年10月13日公開の映画「日日是好日」の

動画配信があるとすれば、2019年3~4月頃になる見込みです。

この映画が気になっている方、一度見ようか悩んでいる方は下記もご参考ください。

 

『日日是好日』ってこんな映画

会社、学校、家事等。毎日が忙しい、そしてストレスが溜まることも多々ある日々。

その世界とは全く違う時間が流れているのが、この映画でも出てくるお茶の世界なのだと思います。

晴れた日、雨の日、雪の日。

天候だけではなく、日々の生活の中で色々な事が起こる。

でも、その全てを、理屈ではなく、ありのままの姿で受け入れる。

そうすると、何があっても心穏やかになる。

つまり、毎日が好い日、日日是好日となる。

お茶の世界に入った主人公の10年超えの歳月の中で、最初は理解できなかったものが、理解できるようになる。

そんな、禅問答のような内容を、樹木希林さんのもつユニークさでやさしく描かれた映画です。

【キャスト】
黒木華(典子)/樹木希林(武田先生)/多部未華子(美智子)/原田麻由(田所)/川村紗也(早苗)/滝沢恵(由美子)/山下美月(ひとみ)/郡山冬果(典子の母)/岡本智礼(典子の弟)/荒巻全紀/南一恵/鶴田真由(雪野)/鶴見辰吾(典子の父)

 

『お茶』で人生が変わる物語

この映画は『お茶』をテーマにした物語。

何気無く始めたお茶教室で壮大な物語が繰り返される。

お茶をすることよって心が綺麗に洗い流され何か壮大なイメージが膨らんで来る。

また樹木希林さんの演技力にはものすごく驚きました。

人間の演技という枠を超えてリアルを演じているような気がしました。

素敵な女優さんだと改めて再確認しました。

また多部未華子さんがすごく綺麗で可愛いなと思わされました。

お茶で人生が変わる物語。非常に面白かったです。

 

日日是好日 原作について

原作は筆者自身のお茶の体験記なのですが、

茶道をしたことが全然ない私は文字だけではピンとこなかったです。

なので映画を見て、お茶とはこういうものなのかということが少しわかりました。

そして自分でも茶道をしたくなったのですが、正座をするのが苦手などいろいろ言い訳しつつ、原作の本をまた読み返しています。

最初に読んだときはかなり雑に読んでいたことがわかりました。

そしてまた映画を見たいと思いました。

お茶が作る空気を映像で味わいたいです。

 

映画「日日是好日」の内容・ネタバレ

主人公の具体的な生活は描かれることなく、主に茶室の風景と季節の移り変わり、

垣間見える主人公の生活の変化し、それだけでストーリーが進んでいきます。

水の音が効果的に使われていて素敵で、お茶の水とお湯、夏の雨、秋の雨、海の波。毎回同じことをするけれど、確実に毎回の自分自身は異なっている。

お茶と向き合うってどんな感じなんだろう。それを少し体験できる映画です。

多部ちゃんの役は、世間一般で普通、順調と言われる人の人生で、きっかり進んでいく時計なんだ。

主人公は、それからは遅れたり揺らいだりしながらも

人生は進んでいって、人を見送って、いつの間にか色んな人を抜かしていって、

後輩を持ったり恋人を持ったり、しっとりとした気持ちになって帰ります。

世の中にはすぐにわかるものと、すぐにはわからないものがある。

この人とは今日で会うの最後と思って向き合う。

役者さんと、物語のキャラクターを重ねることはあまりしないけど、このタイミングで樹木希林さんのああいう役をみると何やら悲しくなってしまいます。

茶室から見える庭の四季の風景も美しくて、目にやさしい。

穏やかだけど、ほんのちょっと寂しさが漂う映画でした。

 

映画「日日是好日」視聴感想・レビュー

なんとなく入った大学を卒業して、やりたいことが見つからずなんとなくお茶は習い続ける主人公。

お茶の席では多くを語らず無心になれます。

今は亡き樹木さんの自然な演技にも涙が出ました。

多くを語らない先生ですが、過去にはつらい経験もたくさんされていて、つぶやきの中から多くのことを教えてくれます。

そして無心でお茶をたてられるようになった時、多くのことを感じられます。書から感じる音、食器やお菓子から感じる四季。

全体的に静かで、わびさびを感じるような美しい作品でした。

 

まとめ

あっという間に時間が過ぎる映画でした。

正直男性には少し退屈な映画なのかもしれません。

私は多部未華子さんのファンなので、演技に見入ってしまいましたが、役にマッチしていてとってもよかったです。

今は亡き樹木希林さんもでていますが、やはり安定の演技力。

その役になりきり、もはや映画とは言えないレベルのクオリティーだったと思います。

最初から最後まで見入ってしまい、感情も入ってしまう。最高の映画だったと私は思います。

 

▲最新配信先情報▲
 

   ‘テーマ区分:’