ここは退屈迎えに来て 動画

橋本愛さんと門脇麦さんが出演している

映画「ここは退屈迎えに来て」のフル動画を無料視聴できる動画サイトを紹介。

 

ここは退屈迎えに来て 映画動画フル無料視聴

映画「ここは退屈迎えに来て」を無料で視聴するなら、

新作映画をたくさん配信している動画配信サービスの

登録特典を使うのが一番早いです。

【動画配信サービスなら】
・新作映画もスマホやタブレットから視聴が可能
登録特典で新作映画の無料視聴ができる
月額もお試し期間内に解約で無料

スマホやタブレットからでも視聴できます。

 

動画配信情報

新規登録特典でスグに映画「ここは退屈迎えに来て」を無料視聴できる国内の動画配信サービスです。

動画サービス 配信 お試し期間
U-NEXT 31日
mieru-TV 初月
FODプレミアム 一か月
TSUTAYA TV 30日
ビデオパス 30日

映画「ここは退屈迎えに来て」動画配信中

 

ここは退屈迎えに来て 動画 Dailymotion

Dailymotion
Pandora
9tsu
FC2動画
YOUTUBE
openload

など、海賊版動画を視聴するのは危険です。

使用している際に意図的にクリックさせようとするポップアップ広告を踏むことにより、

自分の意思に反してウィルスソフトをインストールしたり、クッキーによって個人情報を奪われる恐れがあります。

公式の動画配信サービスならこういった心配なく、高画質で本編を視聴することができますよ。

 

『ここは退屈迎えに来て』はこんな映画


(C) 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会

東京から帰郷した27歳の女性が、自分の居場所を見いだそうとする姿を追う。

【STORY】
27歳の私(橋本愛)は、10年ぶりに東京から故郷に戻ってきた。

実家に住みながらフリーライターとしてタウン誌の記事を書いて生計を立てるが、親にはフリーターのようにしか思ってもらえない。ある日、再会した高校時代の友人と、サッカー部のエースで憧れの存在だった椎名くん(成田凌)の話題になり、彼に会いに行くことになる。

一方、東京に畏怖を抱くあまりに地元から出られずにいる椎名の元恋人のあたし(門脇麦)は、彼と過ごした青春時代の思い出が脳裏に焼き付いていて…

 

山内マリコ氏の同名原作小説を実写映画化

山内マリコ氏が富山県出身なので、

この映画の撮影も富山県で行われました。

私も富山県出身なので、知っている風景がたくさん出てきて観ていて楽しいです。

確かに若者にとっては刺激のない土地です。

その刺激のない当たり前の風景が、恵まれない、不幸だと若い時は感じてしまいます。

青春時代にそんな退屈な田舎で過ごした作者の、悶々とした気持ちにとても共感できました。

劇中ではフジファブリックがこの映画のために作った曲が使われています。

フジファブリックは青春、若者との親和性が非常に高くて素晴らしいなと思います。

 

夢を諦めた人間のその後を描いた物語

「自分の人生はこんなはずじゃなかった」

この映画で時に印象的なシーンは、主人公の私が田舎の道路で大声で叫ぶシーンです。

誰でもいい。けどあなたじゃない。という言葉の意味がすごく今の自分と重ね合わせたとに共感する部分がありました。

青春が終わってしまうとこうなってしまうのかなと思いました。

自分の人生はこんなはずじゃなかったと思わないように今を頑張る必要があるんだなと感じました。

この映画を見てどう生きるのかを向き合わされた自分がいたのですごく見てよかったと思いました。

 

女性がもつプライドをうまく表現

めっちゃ共感します!

東京で挫折したなんて、言えなくてついつい周囲に強がってしまって飽きたみたいなポーズを取ったり…。

大好きな恋人に別れを告げられて連絡が来なくなって、でも諦めれなくて彼のなかから自分が目減りしてくのを感じるとむしゃくしゃしちゃいますよね。

女性が誰もが持ってるプライドを上手く切り取って、クローズアップした映画です。

私の心のなかを覗いてるんじゃと思わず不安になりながらも、言えない本音を吐露してくれる映画になってます。

 

ネタバレ感想

淡々と進みながらも、徐々にそして確実に引き込まれていく展開で、

私の回想とともに、観客の中に生まれる淡い期待は椎名の一言であっけなく崩れ落ちてしまうが、

たしかにこんなもんだよなと納得させられてしまった。

 

誰も指摘してないけれど、

新保君はゲイで、彼も椎名に惹かれる人々の一人じゃなかったのかな?

だからこそ、プールで私とああいう会話をしたと思ったのだけれど、

周りより少し特別な立場にいたふたりだったのに、

椎名にとっては"私"も"あたし"もちっぽけな存在だったんだな〜、、

簡単に捨てられて簡単に忘れられる。

かっこつけて生きてるフリしても心の片隅にいる椎名って存在をずっと思ってて、

それでもなんにも届かなかった瞬間、

全てあの頃だけの思い出になってしまった瞬間。

「あの頃に戻れるならお金払える」

汚いことしてるなっちゃんが一番綺麗に見えちゃったりする。

 

まとめ

私は朝ドラで放送されていた「あまちゃん」で

橋本愛さんのファンになったのをきっかけにこちらの映画観ました。

初めは橋本愛さん目的で見に行きましたが、ストーリー自体は個人的には高評価でした。

ただ途中で過去と現在がごっちゃになりそうで、話が分からなくなりそうでした。

あと、主演の方たちも良かったのですが、それ以外の級友たちのお話も面白かったです。

見ている途中で少しすっきりしないなと感じていましたが、

最後にはしっかりオチもついてスッキリしました。

ハラハラしたりするシーンは特になく、ゆったり落ち着いて観られる映画だと感じました。

   ‘テーマ区分:’